アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
極論を憂う
ブログ紹介
シニアニートの気になることを雑然と書きました。ブログ写真はクリックすると拡大写真のページとなります。
右側に表示されている「ウェブアルバム」は画面をクリックしてご覧ください。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
虐め問題の2重基準賑わう
最近1か月の間に、ある虐め問題が朝から晩までテレビ・新聞・ネットなどを賑わしています。多くのコメンテーターや関係者が登場し非難するもの、またいじめた側を擁護するものに分かれたてコメントしています。そこで子供の虐めでは色々と社会問題となっていることは誰しも憂慮していることです。現在問題となっていることを子供の問題に置き換えたらどうでしょうか。例えば〇〇中学校の13歳の男子中学1年生がおなじ学校のボスの男子生徒中学3年生15歳に態度が悪いと虐められ最後にはバットで殴られ重傷を負い学校を休んだ事案で父... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/12/03 16:06
電気自動車と必要電力の対策
排気ガスを出さず燃費も優れているエコカーとしてEV自動車が注目されており、ヨーロッパ・中国などでは政策として今後強力に推進するようです。わが国でも今後の方針として推進されるでしょう。自動車ショーでも各社が競って出展しています。このことについてはほとんどの国民が賛同していると思います。私もエコや安全対策を備えた車が普及することには賛成です。ところで車のバッテリーを充電する電源のことです。現在市販されているEV車の電気消費量は1kwあたり10km走行できるとされています。自家用車の月の平均走行は国土... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/11/06 16:04
忖度罪が出来たのでしょうか
内閣改造が行われ事案に対して評論が賑わしていますが、いまだ「忖度罪」が横行しているようです。つい最近までテロ等準備罪法案を共謀罪と称して国民の総てが監視され人権が侵されると言ってきた政治家・ジャーナリスト・法律家が忖度についてそれ以上の取り上げ方をして追及に力をいれていることに矛盾を感じないのでしょうか。忖度とは表にも現れない心の中の問題ではないでしょうか。忖度の範囲で「李下に冠を正さず、瓜田に靴を入れず」の中国古来の言葉が引用されております。このことは当然李園に入って李を盗ることや瓜の畑に入っ... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/08/05 18:33
世論調査での法律の理解度は調査しているのでしょうか?
国民に対する世論調査は日常的に行われ、結果が報道されたています。そこで現在世論調査の重点である「憲法改正」「組織犯罪処罰法等の一部改正案」(いわゆる共謀罪)についてRDD方式での調査結果が出ていますが、アンケートを求める前提として憲法を読み理解していることの有無、組織犯罪処罰法等の一部改正案を自分で読み理解しているかの有無について調査しているのでしょうか。憲法の主旨や改正法の主旨も解らない人が質問に対して答えたとすればメディアで声を大きくして反対を唱えている意見に影響されただけの回答となってしま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/05/06 15:14
個人崇拝の行先を憂う
今年の新年は比較的穏やかな天候で始まりました。しかし誰しも心配しているように世界中で不安定な政治状態の出現で不安が広がっています。その傾向として政治団体の組織的な政策・主義主張を是として支持するものでなく個人の主張思想を支持するもののようです。もちろんそれが社会のルールにのっとり誰しも認めるものである場合は問題ないことです。ところが現在世界や日本でも広まっているのは個人の熱情に大衆が動かされていることです。国家の大統領・地方自治体の首長を支持する場合政策を支持して選ぶのであれば政策が間違っていれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/26 16:33
IR法案に関するギャンブル客の形態
カジノを可能とする。IR法案が可決されようとしています。この法案について「ギャンブル依存症」について各方面から指摘されています。私が見た公営ギャンブル場の状態を紹介します。客の形態は次の3分類に分かれます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/13 14:00
TPPは戦争防止の平和協定である
環太平洋パートナーシップ協定(TPP)について、トランプ次期米大統領が脱退表明し我が国でも野党の中で反対運動が活発となっています。トランプ氏の意見のように国益を第一とする考え方はこれまでも世界中で取られてきた政策でしょう。もちろんわが国でも外交交渉では国益を重視することは当然のことで苦労していることでしょう。しかしお互いが国益重視を主張すれば当然意見が対立することとなり解決点を見つけることが困難となります。動物の世界では食料を確保するためには弱肉強食である食物連鎖で成り立っています。 人間社会... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2016/11/29 16:33

続きを見る

トップへ

月別リンク

極論を憂う/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる